LoadMaster for Cisco UCS B & C - シリーズブレード

KEMP Technologies は、アプリケーション配信コントローラ分野におけるリーダーとして、クライアントの複雑で技術的なビジネスニーズに迎合する非常に価値の高いアプリケーション配信ソリューションパッケージをご提供しています。ネットワーキングとブレードコンピューティングの両分野において明確なビジョンを持つ Cisco は創設以来、適切かつ具体的な顧客課題に対応するために、それまでになかった価値を生み出すソリューションの設計概念を生み出しています。

アプリケーション配信は、高可用性、安全性、可視性およびアクセラレーションを実現するために、専門技術を組み合わせたものであると言われることがよくあります。この概念には、トラフィックの処理方法に関して確定的に最善の決断を下す能力と共に、アプリケーショントラフィックの最適化が含まれます。インテリジェントアプリケーション配信コントローラは、これを実現する上で非常に重要な役割を果たします。これが高速かつ低遅延の通信を実現するために設計されたフレームワークと融合することで、アプリケーション配信の環境を最適化します。ここからは、KEMP Technologies と Cisco が提携し、貴重な大規模エンタープライズ顧客向けに開発した革新的なソリューション、LoadMaster for Cisco UCS についてご紹介していきます。

はじめに

クラウドコンピューティングの出現により、 多くの新技術が登場し、エンタープライズの主要 IT インフラストラクチャの形態が大きく変化しました。これは、ブレードコンピューティングだけでなく、Cisco のユニファイドコンピューティングシステム (UCS) プラットフォームによる革新的な貢献もあります。

現在の大規模エンタープライズにおけるブレードコンピューティングの役割

ブレードコンピューティングは、電力、冷却、配線、ネットワーキング、ストレージ、コンソールなどを統合したアーキテクチャを活用するメソドロジです。このアプローチにより、これらのコンポーネントのコストがエンクロージャ内の複数のサーバーに分散されます。メリットは次の通りです:

  • サーバー 1 台の全体的なコストの削減
  • サーバー 1 台に必要な部品数の削減
  • サーバー密度の向上

Cisco は、革新的な UCS プラットフォームと付随するユニファイドファブリックを使用して、この技術を飛躍的に前進させました。これにより、「ワイヤーワンス」の原理を用いて IP、ストレージおよびマネジメントネットワークの統合が可能になります。そして帯域幅や I/O 設定などのリソース配分は、システムの統合された管理インターフェース経由で動的に実行されます。これにより、内蔵ソフトウェア経由で設定を調節するだけで、すべてのサーバーを同じ作業負荷をホスティングすることができます。IP、ストレージおよびマネジメントの単一ネットワーク技術を活用するアプローチは、取得 CAPEX と TCO を削減するだけでなく、外部ネットワークアーキテクチャへの依存を排除し、インフラストラクチャのサポートに必要なインターフェース、ケーブル、スイッチの数を減らすことで、パフォーマンスを劇的に向上させます。

アプリケーション配信コントローラの役割と課題

現在の大規模エンタープライズ向けにこのような高機能プラットフォームを選択する影の推進力の一つが、総所有コスト (TCO) を削減しながら、拡張性の高いビジネスクリティカルなアプライアンスを高性能かつ高可用性の状態で提供するというニーズです。この目的を支援する主要要件は、インフラストラクチャ全体のユーザートラフィックを管理・最適化する能力です。これは昔から、専用アプリケーション配信コントローラ (ADC) アプライアンスの仕事でした。このアプライアンスは、一般に固定設定ハードウェアで構成されます。X86ベースおよび ASIC ベースのコモディティコンポーネントと、カスタマイズされたソフトウェアを組み合わせて、アプリケーション配信コントローラの機能フレームワークを構築します。このアプローチは、先に述べたニーズを満たし、安定したパフォーマンスを実現しますが、拡張性と「可動性」が比較的少なく、フロントエンドサービスが提供される統合インフラストラクチャと同じとなります。これが、インフラストラクチャのアプリケーションに加え、サーバー管理者に課題をもたらし、UCS などが提供するブレードコンピューティングが実現するメリットを全く無効にしてしまいます。

アプリケーション配信コントローラの仮想化

複雑な課題に対処するため、KEMP Technologies は、「仮想化」ADC を活用するために ADC コンテキストへのハイパーバイザーの抽象化の活用を開発し、この生態圏で先に述べた「融通性」を可能にしました。この抽象化は、互換性について分母の最小公倍数まで本質的にリソースを分配し、オペレーティングシステムを物理ハードウェアから分離することができます。これにより多くのメリットがもたらされる一方で、欠点もあります。仮想化の事実上の機序である実際の抽象化は、ADC を本質的に「ブロック」するため、全体のパフォーマンスと拡張性を改善するために構築された根底にあるインフラストラクチャの基盤ハードウェアとネットワーキングパフォーマンスの最適化を ADC が完全に活用できません。さらに、ハイパーバイザープラットフォーム (VMWare、Hyper-V、KVM、Oracle VM など) が本来持っているその「柔軟性の高さ」が、ADC に対する物理サーバーリソースの可用性を制限し、これが障害となって全体のパフォーマンスが低下します。

LoadMaster for Cisco UCS

この課題を克服するため、KEMP は、Cisco UCS サーバー専用に動作するよう最適化された名高い ADC オペレーティングシステムの特別版 (LoadMaster for Cisco UCS) を開発しました!この最適化により、KEMP は、独自の UCS ファブリックの一部である高性能ハードウェアおよびネットワーク「トランスポート」機能を活用して、業界では他に類を見ない ADC のストラスフィア (成層圏) パフォーマンスレベルを実現することができます。根底にあるハードウェアプラットフォームが ADC のタスクに忠実に専念することから、抽象化の必要がなく、さらにさまざまなメトリックす (スループット、SSL TPS、接続同時性など) に対して安定したパフォーマンスサービスレベルが「保証」されます。Cisco が厳しく検査した ADC スペースの Cisco Developer Network (CDN) パートナーが IVT (相互運用性検証テスト) 承認されているため、多大な努力がこの開発に費やされ、大規模エンタープライズ顧客に最大限の経験を提供することが可能となりました。統合された Cisco UCS インフラストラクチャを図示した図 1.1 に示すように、UCS ファブリックないの通信は、超高性能レベルを実現する超低遅延で動作します。一方 Cisco UCS 外部のインフラストラクチャは、輻輳と遅延の原因となる変数の数に影響を受けます。アプリケーション配信コントローラが、Cisco UCS プラットフォームを活用した環境のネットワークレイヤに展開された場合も、先に述べた変数の影響を受け、ネットワークレイヤが責任の一端を負う全体のパフォーマンスに対する障害の一因となります。 Cisco UCS に KEMP LoadMaster を活用して ADC 機能を直接高性能 UCS ファブリックに統合することで、多くの利点がもたらされます。

図 1.1

ソリューションの利点

図 1.1 に示すように、LoadMaster for Cisco UCS に設計されてる数多くの核となる利点は次の通りです。

  • サーバー/アプリケーションに近接している

KEMP ADC を超高性能で超低遅延の Cisco UCS ファブリックに統合することで、サーバーとアプリケーションへの高速通信が実現し、従来のレイヤ 2 インフラストラクチャによる遅延や制限を増すことなくアプリケーションフロントエンドサービスが実行できます。これにより、アプリケーションのパフォーマンスと応答性が向上します。

  • ネットワーク帯域幅の利用を改善

言わば仲介者を省くことで、アプリケーションと ADC 間のトラフィックが高遅延のレイヤ 2 インフラストラクチャを行き来する必要がないため、 使用可能な帯域幅をこの通信手段に必要な別のトラフィックタイプ専用にすることができます。

  • 成長および拡張性

Cisco UCS ファブリックへの統合により、動的な作業負荷要件が変化した場合は、ADC 機能は必要に応じて高/低パフォーマンスのブレード間を「移動」します。

  • 外部ハードウェア ADC に伴う TCA および TCO の削減

UCS エコシステムに ADC を統合することで、高性能アプリケーション配信の処理のために既存のインフラストラクチャとファブリックの再利用が可能となり、外部ソリューションに対応するためのインフラストラクチャとコンポーネントの取得およびメンテナンスの必要性がなくなります。

世界で 15,000 件以上の KEMP ADC 配備において信頼されている同じインテリジェント機能と機能性がKEMP LoadMaster for Cisco UCS に装備されています:

  • L4/L7 サーバーロードバランシング
  • SSL オフロードおよびアクセラレーション
  • データ圧縮
  • データキャッシングおよび圧縮
  • 事前認証
  • サービス全体に渡るシングルサインオン
  • L7 侵入防止システム
  • インテリジェントコンテンツスイッチング

大規模エンタープライズのニーズは特有で絶え間なく変化し、時に困難を伴います。KEMP Technologies 社は、革新的なソリューションと革新的な技術を組み合わせることでこれらのニーズを満たしていきます。これは、in KEMP と Cisco の共同アプリケーション配信プラットフォーム (Cisco ソリューションインセンティブプログラム、SIP の一環) をはっきりと示すものです。

IVT 認証ソリューションとして、このソリューションは UCS エコシステムで実行するように最適化されたもので、さらに拡張性の高いビジネスクリティカルなアプライアンスを高性能かつ高可用性の状態で提供するものであるいう事実に見て取れるように、最高水準の自信を持つことができます。

   

KEMP Technologies 承認済み SIP アプリケーションがダウンロードできます HERE.

Data Sheet Files:

Standard Features

LoadMaster includes a core set of features that address the demands of Application Delivery and ensure service availability with capabailities such as high availability and simplicity with easy to use application templates.

LoadMaster Subscriptions

The core LoadMaster functionality is enhanced with Subscriptions that offer additional features and services. Subscription bundles are available at three tiers and are optimized to offer maximum value for organizations.

  • Standard – For high availability and application deployment and support
  • Enterprise – Adds security features, management and monitoring services along with 24 x7 support
  • Enterprise Plus – Delivers advanced application protection and multi-site application availability